転職活動はいつから始める?2月は転職活動をするベストタイミングなのか

転職をするのはいつでも良いわけではなくベストなタイミングというのが存在しその中の1つに時期というものがあります。この時期を間違えてしまうと転職者需要が多い少ないということを始め、変なタイミングでの転職となってしまう可能性があります。そこで今回は転職活動として2月というのはベストタイミングか否かということを話していきたいと思います。

退職を言い出すタイミングとしてもギリギリOK

まず2月に転職したいと退職の有無を伝えたとしたらそれから会社側は、自分の代わりに人選のため他の社員を選ぶのかまたは新たな社員を補充するのかということを考えなければならないことや、社員の退職への手続きをやらなければならないのでそれなりに時間はかかります。そして2月というタイミングは新年度3ヶ月前なので社員の入れ替えが激しくなる時期でもあり、退職を言い出すタイミングとしてはギリギリOKであるといえます。

引き継ぎには時間がいる

上記でも話した通り、社員が一人退職するとなると代わりにその仕事を任せる人材を探すことになります。そうなるとその仕事を引継ぐのは代わりが決まってからということになり、そこから引き継ぎを始めると時間がかかるのは誰の目からも見て分かることです。そのことから退職を言い出す際は会社側が余裕のある引き継ぎができるように配慮しておきましょう。

新年度からの入社に間に合う

最後に自分が転職して新たな会社に所属するとなると上記で話した通り2月は新年度3ヶ月前なので(もっと早ければ良いが)ギリギリ言い出すタイミングとしてはOKなことと何より新年度に入社に間に合うという点がメリットとして挙げられます。やはり新年度入社すれば同期がいることや新入社員として中途半端な時期に入るよりは会社に馴染みやすくなります。このことから2月というのは新年度入社にギリギリ間に合う月でもあるのです。

まとめ

ここまで色々話してきましたが転職をするため退職を言い出すタイミングとして2月はギリギリの月と言えます。新年度の3ヶ月前なので社員の入れ替えが激しいことや自分が新しい会社に新年度入社できる可能性がある月でもあります。また3ヶ月前ならば引き継ぎや後任人事を会社側が考える時間としても十分なので、欲を言えばもっと早く告げておいたほうが良いですが自分のタイミングとしてはベストではないでしょうか。

海外企業で転職したいと考えた時、どこに気をつけるべきですか?
Previous post
転職したいけどよくわからない。そんな人に伝えたい転職の際に必要な3つのもの
Next post