関連会社に転職する際に一旦予備知識として頭に入れておいてほしいこと

支店や営業所が何店舗もあるような企業の関連会社に転職することは大企業に転職することとさほど変わらず、中小企業に転職するよりも安定している企業だといえます。しかしこのような関連会社に転職するとどんなことが待ち受けているのでしょうか?そこで今回は関連会社に転職する際に一旦知識として頭にいれておいてほしいことを話していきたいと思います。

やはり優秀な人材は都市部に集まる

やはり関連会社として支店や営業所を何店舗も持っている企業は本社に近い場所や都市部に優秀な人材が集まります。これは本社や都市部ほど仕事量が多くなり、他の店舗よりも同じ時間で仕事するのならば優秀な人材を集めた方が効率の良い仕事ができるからです。また仕事量が多いということはトラブルを抱えるリスクも高くなり、このトラブルの処理を行うのには社内でもより優秀な人材が必要になります。

僻地に行けば行くほど優秀な人材が少なくなる

そして上記とは反対に僻地は仕事量が都市部よりも少なくなる為、都市部よりもさほど人材が必要でなくなることから優秀な人材が少ないというより人数を増やさなくても良いので地元の人間が中心に集められる傾向があります。そのことから僻地は優秀な人材を集中して集めなくても良いということになります。

都市部の方が色々な仕事に携われるチャンスが有る

上記2項のことで考えるとやはり色々な仕事に携われるチャンスがあるのは都市部ということになります。仕事が集中して集まる都市部は僻地よりも確率的に色々な仕事をこなしていかなければならなく仕事量も多い為、様々な仕事を短時間で覚えていかなければなりません。そしてそのことから仕事でのキャリアアップを目指すのならば僻地よりも都市部のほうがチャンスは転がっているということにもなります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが店舗数の多い関連会社に転職する際は様々なことを頭においておかなければなりません。やはり本社や都市部に行くに連れて仕事量が増えるため、優秀な人材が僻地より集まります。また仕事量多いということは様々な仕事を短期間で覚えるチャンスにも繋がり、都市部は僻地よりもキャリアアップのチャンスが転がっています。

SNSを通して会社の情報が漏れてしまっている企業へ転職する時の注意点
Previous post
海外企業で転職したいと考えた時、どこに気をつけるべきですか?
Next post