海外企業で転職したいと考えた時、どこに気をつけるべきですか?

国内だけにとどまらず、海外の会社に就職したいと考える人もいます。外資系企業が日本に進出してくるので、その会社に転職をするという人もいれば、海外に移住してそこで働きたいと考える人まで、世界的な規模で仕事をしたいと考えている人は、色々な策を練っていることでしょう。世界的な企業では、日本とは違った習慣の会社ばかりなので、自分がどのように受け入れられるのか。日本と違うところは一体何かを知る必要があります。今回は、国内だけでなく、海外企業に転職をしようと考えている人がどこに気をつけたら良いのか。その点について考えてみましょう。

英語力はどれくらい必要

海外企業に進出する際、最も気になることが英語力だと思います。現地で働こうとするのであれば、最低限日常会話が出来るレベルがなければいけません。しかし、それは最低のレベル。ビジネス的な商談をする必要があるとすれば、日常会話以上の英語スキルが必要です。具体的な指標で言うのであれば、TOEIC800点以上必要になってくるのです。しかし、英語を勉強していないと、この点数を取ることが出来ません。また、英語多少話せるけれど、転職出来ないだろうか。そう考える人もいるかもしれません。安心してください。もちろん転職することは可能です。一般のお客さんを相手にする仕事であれば、簡単な英語力でもカバーすることが出来ます。

国内の外資系企業の場合は

国内の外資系企業の場合は、英語力がなくても転職をすることが出来ます。しかし、英語力がないと、海外事業を任されることはありません。国内向けのサービスを行うための人員という可能性があるので、英語力をこだわる必要もないでしょう。しかし、英語を話すことが出来たらかなり役に立ちます。何故なら、その会社でも貴重な人材として重宝されるからです。

英語が出来なくても安心しましょう

英語力が全くなくこれから仕事をしていくうちに、身につけておけば良いと考えている人もいるかもしれません。しかし、働く場所が無いのでは?と不安になっている人がいるかもしれませんが、安心しましょう。ある程度の業界での知識に精通していれば、英語力をカバーすることが出来ます。もちろん、コミュニケーションを図る上での英語力は必要ですが、あなたの業界での知識を必要としている可能性があるので、諦めずにチャレンジすることも大切です。

まとめ

海外企業に転職することは、国内の転職に比べてハードルもやや高くなる場合が多くあります。しかし、戦略をきちんと練った上で転職活動をすれば、その問題も困ることなくクリアすることが出来るのです。転職活動をする上で大切なことは、自分がどの程度その仕事をやりたいか。ということです。よく考えて行動するようにしましょう。

関連会社に転職する際に一旦予備知識として頭に入れておいてほしいこと
Previous post
転職活動はいつから始める?2月は転職活動をするベストタイミングなのか
Next post