仲が良い人の会社へ転職は厳しい?

仮の話ですが、想像してみてください。転職活動をしようと決意をして、転職活動を始めたもののなかなかうまくいかない。しかし、かといって転職しないわけにもいかない。どうしたものか。そんな気分で転職活動をしている最中、相談した相手が企業の偉い人。相談すると、「それなら、うちの会社に来ない?」と誘われた。なんていう経験をしたことがある人いますか?そんな経験したくても出来ないよ。と考える人が多いかもしれませんが、 仲が良い人が会社をやっていて誘われるというケースは少なくありません。転職活動しては、あっさり転職できるでしょう。しかし、ここに大きな落とし穴が。いくつかのことに気をつけて転職しないと、痛い目に合う可能性があることをご存知でしょうか。今回は、このようなケースの場合、転職活動において気をつけておかなければならないことに注目し、どこがポイントなのか考えてみましょう。

仲がいい人の会社へ行くメリット

仲がいい人の会社へ行くメリット
仲がいい人がやっている会社へ行くメリットは、あなたのことを受け入れる体制が整えられているということです。転職活動においては、条件も言いやすく転職しやすいと言っても良いでしょう。おそらく、きっと快く受け入れてくれるはずだからです。また、仲がいい人は、あなたの良さを知ってくれています。そのため、転職後自分の会社に入ったらこういうことをやってほしいというビジョンを持っているかもしれません。また、他の社員に頼むことが出来ないような難しいお願いをする可能性もあります。様々な面で考えると、メリットがたくさんあるように思えます。しかし、落とし穴もあります。

デメリット

デメリット
では、デメリットは一体どういうところでしょうか。例えば、転職をその場のノリで考えている場合です。転職することはすんなり出来るかもしれませんが、問題はその後。他の社員からすると、あなたは扱い人物となりかねません。あの人は、社長のコネで入ったという目で見られることもあります。また、仕事がうまくいかないと、その後の友人関係も崩れるきっかけになります。一緒に仕事をするということは、ビジネスパートナーになるため、友達ではありません。今までの友達のノリも通用すると思ったらそうではない可能性があるのです。この点がデメリットと言えるでしょう。

まとめ

仲の良い人の会社へ転職する際は、本当に自分のことを転職先として受け入れてくれる体制が整っているかを見極める必要があります。もし、そうでなければ一定期間を迎えたら転職をする必要があるかもしれないからです。そのため、転職しないかと誘われても鵜呑みにするのではなく、色々なメリット、デメリットを考慮した上で行うことが大切と言えるでしょう。もちろん、仲が良い人から誘われることは悪いことではありません。

自分を電化製品に例えて転職を考えていくと、転職の成功のきっかけが見つかる
Previous post
待機児童が問題になっているのに幼稚園の需要が減っている?そのことを転職に結びつけて考えてみる
Next post