自分を電化製品に例えて転職を考えていくと、転職の成功のきっかけが見つかる

転職では、まず自分のこと分かっていなければ企業に自分をアピールすることができません。しかし自分のアピールポイントは意外に見つけることが難しいものです。そこで今回は自分をテレビに例えて自分の長所と短所をあぶり出していきたいと思います。

スペック

まずはスペックです。テレビでは画面の綺麗さ。スピーカの出力。などがスペックとして挙げられます。人間で例えるなら自分の持っている力です。その仕事上で何か実績をあげた。特殊な資格を持っている趣味で出た大会で優勝した。など企業が食いつきそうなものがこの分野に入ります。この分野は自分の強みでもあります。ここで挙がったものは積極的にどんどんアピールしていきましょう。

円滑さ

次が円滑さです。一般的にテレビで例えるとリモコンの操作性。処理スピード。画像解析度、等が挙げられます。人間で言うならばトーク能力。仕事の速さ。知識の多さなどが挙げられます。面接という短時間な場所では使えないものが多いです。むしろ転職してから生きるのがこの分野です。このことからアピールポインいうより、自分の潜在対応能力として把握しておきましょう。

デザイン

最後がデザインです。色やホコリ、傷などがこの分野に入ります。人間で言うならば見た目です。服装や髪型などがこの分野に入ります。これは採用試験当日に確認しておきたいことです。スーツに汚れはないか。ネクタイは曲がっていないか。靴は磨いたか。と言ったような服装を中心にチェックしましょう。そこから髪の毛はキレイにまとまっているか。髭はしっかり剃れているか。歯をしっかりと磨いたか。このような見た目自体のこともチェックしておきましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが今回は自分のことをテレビで例えてみました。スペックを調べておくことにより、自分のアピールポイントを把握することができます。そして円滑さを知ることにより、トーク能力などの潜在的な能力を把握することができます。またデザインは見た目を表すので採用試験の前は必ずチェックして、綺麗な見た目を保っておきましょう。

自分を電化製品に例えて転職を考えていくと、転職の成功のきっかけが見つかる
Previous post
仲が良い人の会社へ転職は厳しい?
Next post