本当に大企業の関連会社に転職すれば安定した生活を送れるようになるのか?

転職をしようと考えて様々な企業を比べていると誰でも大企業の方が安定していると考え、なるべく大きい企業を選択するはずです。しかし実際に転職サイトなどを見ていても大企業の求人はけして多いとは言えません。しかし大企業でなくてもそれらの関連企業は意外に求人を募集していることが多く、大企業の関連企業ならば安定していると考える人も少なくは無いと思います。そこで今回は本当に大企業の関連企業に転職すれば安定を勝ち取れるのか否かということを話していきたいと思います。

残念ながら大企業でも安定しているとは言えない時代になった

まず大企業に就職すれば安定を勝ち取ったということになるのかという点ですが残念ながら大企業に就職したからといって安定を勝ち取ったことにはならない時代になってしまいました。ここ10年のことを考えていくとリーマンショックの影響や大企業の不祥事、国外企業からの買収などのことを考えるとけして大企業だからといって油断がならない厳しい状況であると考えられます。そのことから大企業やそれに準じた関連企業であっても安定などないと言えます。

経営が悪くなるとやはり下の会社から被害を受けるようになる

そして大企業は母体の企業であることから経営がもし悪くなってしまうとまずその下に所属する関連会社や下請け企業などが打撃を受けることになります。その理由として関連企業や下請け企業などは大企業から依頼を受け仕事をしているので大企業の経営が悪くなると仕事の依頼はなくなってしまうわけです。そのことから関連会社は大企業以上にリスクを抱えている企業ということになります。

今後、他の仕事でも対応できるような幅広い職種を選択することが大事

上記2項のことを考えるとけしてどんな企業に所属していたとしても絶対的な安定など無いということになります。そしてこのことからも分かる通り、もしものことを考えて常に行動していかなければならないということになります。もし自分が所属している企業の経営が悪化してしまったら転職を考えなければならないことになります。そんな時、転職というマーケットに自分が放り出されるとしたら確実に色々なスキルを持っている人材の方が需要もあります。そのことから転職をする際は大企業よりの会社を選択するよりも様々なスキルを身につけられる企業を選択したほうが今後の自分に対して良い選択をしたことになります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが大企業の関連企業に転職したからといってけして安定を勝ち取ったということにはなりません。その理由として大企業でもけして安定しているとは言えない時代になったことやその大企業の経営が悪化するとまず打撃を受けるのが他ならぬ関連企業だからです。またそのことを考えると大企業やそれに準じた企業を選択するよりも今後の自分の為に様々なスキルを身につけられる企業を選択した方が良い選択をしたといえます。

転職理由で一番多いのは「会社の考えに合わない」だった
Previous post
本当に大企業の関連会社に転職すれば安定した生活を送れるようになるのか?
Next post