転職理由で一番多いのは「会社の考えに合わない」だった

新卒でマンモス就活にも勝ち抜き、第一志望に無事に入社して三年。あんなに憧れていた会社なのに、会社そのものと考え方や経営方針に疑問を持ち始める頃。そろそろ転職を考える時期かもしれません。

面接やがむしゃらに頑張っていた頃にはわからない

入社して一年目、まだまだ新人の社員は毎日与えられる業務をこなすことで精一杯です。不満は感じても、それを疑問にまでもっていく余裕もないでしょう。失敗して怒られるのは自分の経験不足からだと落ち込むかもしれません。

しかし、三年目になって、会社のシステムもわかってきた頃に「あれ」と思うことはあります。
もしかすると、会社そのものに合っていないのではないかと

長年働いても上司が変わるとついていけなくなる

入社して10年めになって、社長や上司が変わることもありますね。上層部が変化すると、がらっと社内の雰囲気が変化することもあります。経営方針も以前とは違うやり方で、戸惑いながらも必死についていこうとしますが、そもそも根本的に考え方が合わずに、転職を決意することも。

上層部を説得なんてできませんから、そればらば自分が会社を去るしかありません。

転職時には理由に注意

実は、転職する理由のトップに「会社と合わない」が入ります。それぐらい転職の理由として十分だそうです。
ですが、転職時の面接では気をつけたい理由ですね。
「前の会社と合わないと感じたから退職した」と伝えるのはやめたほうがいいでしょう。
面接のときには、もう少しポジティブな理由で退職して転職を決めたことを伝えたほうが良いですね。

どうしても前の会社と合わなかったというのはネガテイブな印象を与えてしまいます。しかし、以前の会社で合わないと感じていた部分には、さりげなく聞いてみるのもいいでしょう。

新語流行語受賞「保育園落ちた。日本死ね。」から考える転職活動
Previous post
本当に大企業の関連会社に転職すれば安定した生活を送れるようになるのか?
Next post